1. ホーム
  2. 出会い系サイト体験談
  3. ≫ハッピーメールで出会った大量に潮を吹く人妻との初めてのフェラ割り

ハッピーメールで出会った大量に潮を吹く人妻との初めてのフェラ割り

出会い系サイトでは、援交で会う事を「割切り」と呼んでいるが、「フェラ割り」とは本番無しで、フェラだけで援交しませんかと言う事である。
女性の投稿掲示板を見ると、「車内フェラ割り」と言う書き込みは結構たくさん有るのだ。

 

車の中でフェラしてくれると言う訳だが、暗い時間帯だけでなく昼間でも募集しているのである。
俺は今まで、車の中でのエッチもフェラ割りもした事が無かったので、一度経験してみようと思い連絡してみる事にした。

 

ただ、車の中は嫌だったので、車内フェラ割り希望の人妻さんに、ホテルでのフェラ割りをお願いしてみる事にした。
連絡したのは、30代後半でちょいポチャという人妻さん。

 

巨乳となっていたので、それならホテルで裸を見てみたいと思ったのである。
ホテルでいいか交渉したらOKしてくれたし、条件もホテル代込みで1万円で了解してくれた。

 

待合わせした商業施設の駐車場には、すでに彼女が車で来ていたので、すぐ傍に止めて彼女の車に乗り込んだ。
待ち合せ場所が、彼女が住んでいる場所に近かったので、ホテルまで彼女の車で案内して貰う事にしたのだ。

 

途中で、明るい時間に車内でフェラする時はどうしているのか尋ねたら、さっきの駐車場みたいな所に止めて、左手でサッとシゴいたり、助手席に座った男性の股間に顔を埋めて、気付かれない様に舐めると言っていたが、気付かれた事も有るらしい。
俺には絶対に無理だと思ったね。

 

ホテルに着くと、彼女はまずお茶を入れてくれたが、そういう気配りをする女性は珍しいと思った。
一緒にお風呂に入りシャワーを浴びたが、プロフ通りに少しポチャッとしていて、確かに巨乳だった。

 

Fカップと言っていたが、これで顔が良かったら最高なのだが、そうは上手くいかない所が出会い系らしい所ではある。
ベッドに移り、まず彼女のFカップおっぱいを堪能したが、これが車内割りではこういう事が出来ない訳である。

 

おっぱいの後は、マンコに指を入れて手マンしてあげたのだが、手のひらに温かいものが流れて来たではないか・・・。
最初はそれが何だか分からなかったが、彼女がイキむ度に出てきたので潮だとやっと気付いた。

 

初めての経験だったので妙な気分だったが、潮を吹く瞬間が分かって来たので、何度も手マンしては大量の潮を吹かせ続け、ベッドがびしょびしょになってしまった。

 

こんなに感じて潮を吹くのに、彼女は本番しなくても我慢出来るのだろうかと思ったが、いざフェラをし始めたら、いつまでも舐めていて、会っていた時間の半分は彼女がフェラしていたと思う。

 

とにかくいつまでもペラペラ舐め続けてくれた。
男は射精してしまえば同じだから、条件的に安く済むのでたまにはフェラ割りもいいかもしれない。

 

でも、やっぱりぽっかりと穴が空いたマンコを見ると、入れたい衝動に駆られるのは間違いない所では有る。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)